NIPPON Kichi - 日本吉

記事数109件: 1~8 件表示     >>     >|  

2008/10/23


帆布竹刀袋 Hanpu-shinai-fukuro 

Jp

 この帆布竹刀袋は、国産の8号帆布と天然皮革で創ったフリーサイズの2本入竹刀袋である。
 帆布は厚手の綿織物で、帆船の帆やテントなど、様々な用途で使用されている。張りがあり丈夫で、天然素材のため、風を良く通し中の物が蒸れない。
 使っているうちに柔らかくなり、馴染むと味が出てくるのが特徴で、時間が経つに連れて新品の時とは違った風合いになる。
 32や34など短い竹刀の場合、上部を折り曲げて固定する、小学生から大人まで使える竹刀袋で、素早く開閉できるマジックテープ式は便利であり、ファスナーをスッと開ければ誰でもスムーズに竹刀を取り出せる。
 鍔・鍔止めは上部ポケットに収納されており、背負い紐は長さを無段階調節できる。木刀の持ち運びにも便利な革ベルトと足元ポケット付。
 帆布竹刀袋は、丈夫で使うほどに味の出る、便利な竹刀袋である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/8/29


会津本郷焼 Aizu-hongou-yaki 

Jp

 会津本郷焼(あいづほんごうやき)は、福島県会津美里町周辺で生産される陶磁器で、主な製品に食卓用品、茶器、花器、酒器などがある。平成五(1993)年、通商産業大臣(現経済産業大臣)より伝統的工芸品に指定された。
 戦国時代に会津若松城の大改修を行うに当たり、城郭の屋根を瓦葺きとするため、黒瓦を製造したのが始まりとされている。江戸時代初期には会津藩の藩主が焼き物作りを保護、育成したため、会津本郷焼は会津藩の御用窯として栄えた。幕末から大正時代にかけて危機に直面するも立ち直り、現在も焼き物の生産が続けられている。同一産地で陶器と磁器の両方を作っているのは珍しい。
 磁器には、呉須(ごす)という青色の絵の具を使った染付や、日本や西洋の絵の具を使った多色の色絵など、様々な種類がある。陶器は実用的なものが多く、あめ釉(ゆう)や灰釉(かいゆう)といった、伝統的な釉薬(ゆうやく)が使われている。
 陶工たちは、大自然そのもののような素朴で流麗な文様を、大切に守っている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/7/23


背戸峨廊 Setogarou 

Jp

 背戸峨廊(せとがろう)は、福島県いわき市小川町に広がる約5kmにわたる渓谷である。夏井川渓谷県立自然公園内にある。
 夏井川支流の江田川下流にあり、夏井川渓谷に属するが、その中でも一際見事な景観を擁する事から郷土出身の詩人・草野心平(くさのしんぺい)が命名した。
 背戸とは隠れた場所、峨廊は美しい岩壁を意味している。
 大小さまざまな滝を持つ美しい渓谷が続き、上流から山伝いに一周できる約8.4kmのハイキングコースが存在している。
 大きくはないが個性的で澄んだ沢や滝、淵が連続し、最後まで飽きることはない。その渓谷美は鹿又川渓谷とともに、ふくしま緑の百景のひとつに選定されている。
 背戸峨廊は、紅葉の季節には、たくさんのハイカーで賑わう、魅力的な景観の景勝地である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します




大堀相馬焼 炭化たたらコーヒーカップ&ソーサー Ooborisoumayaki Tankatatara-kouhikappu&sousaa 

Jp

 江戸時代初期に始められた大堀相馬焼(おおぼりそうまやき)。相馬藩が保護・育成し、300年の伝統を誇る。