NIPPON Kichi - 日本吉

記事数15件: 1~8 件表示     >>     >|  

2007/11/9


津和野 森鴎外旧宅 Tuwano Moriougai-kyuutaku 

Jp

 津和野の森鴎外旧宅(もりおうがいきゅうたく)は、島根県鹿足郡津和野町町田にある建築物である。国の史跡に指定されている。
 文久二(1862)年、森鴎外こと森林太郎はこの家で生まれ、明治五(1872)年に一〇歳で上京するまでここで過ごした。
 森鴎外は、明治から大正時代に活躍した文学者で、軍医総監陸軍省医務局長、帝室博物館総長兼図書頭などを務めながら、小説「舞姫」や「雁」といった作品を発表した。
 旧宅は、木造平屋建て、瓦葺きの簡素な造りで、四畳半の鴎外の勉強部屋や、藩医の家らしく調剤室も残っている。
 また、隣接して森鴎外記念館が開館しており、鴎外の生涯と功績を顕彰している。
 森鴎外旧宅は、文豪の少年時代を暮らしぶりが伺える史跡である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/10/23


宝鏡寺 Houkyou-ji 

Jp

 宝鏡寺(ほうきょうじ)は、京都府京都市上京区寺之内通堀川にある臨済宗単立の門跡尼寺である。本尊は、聖観世音菩薩。
 応安年間(1368~1374)に光厳天皇皇女・華林宮惠厳(かりんのみやえごん)禅尼が開山した臨済宗の門跡尼寺で、中世京洛に栄えた尼五山の一つとされる。
 寛永二一(1644)年、後水尾天皇の娘が入寺してから紫衣を勅許され、以後歴代皇女が住持を勤める慣わしとなった。
 天明八(1788)年の大火では類焼したが、書院・本堂・大門・阿弥陀堂・玄関・使者の間の六棟が復興され、現在は市の有形文化財に指定されている。
 孝明天皇遺愛の人形をはじめ、多くの人形を所蔵しており、人形の寺として有名で、普段は非公開であるが、春秋には人形展が開かれて一般に公開されている。
 宝鏡寺は、人形寺として高名な由緒ある古刹である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します




本法寺 Honpou-ji 

Jp

 本法寺(ほんぽうじ)は、京都府京都市上京区小川通にある日蓮宗一致派大本山の寺院である。本尊は、十界大曼荼羅。
 永享八(1436)年、本阿弥清信が日親上人に請じて創建したのが起源とされる。はじめは四条高倉にあったが、天文五(1536)年、法華の乱によって山徒に焼かれ、現在地に移った。
 江戸時代には後水尾天皇・紀州徳川家の保護を受けて繁栄し、中山法華経寺の輪番にあたる、上方三山の一つでもあった。
 現在の堂宇は江戸時代後期に再建されたものであり、本阿弥光悦作庭の「巴の庭」は国の名勝に指定されている。
 また、本阿弥家の菩提寺であったことでも名高く、一門の墓もあり、本阿弥光悦は多くの書画・什器をよせている。
 本法寺は、今でも篤く崇敬されている寺である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します




廬山寺 Rozan-ji 

Jp

 廬山寺(ろざんじ)は、京都市上京区寺町通広小路にある圓浄宗本山の寺院。本尊は平安時代作の阿弥陀如来。
 天慶元(938)年、比叡山天台一八世座主・元三大師良源によって、平安京の中心軸「朱雀大路」の延長線上に位置する船岡山の南に創建。寛元年間(1243~46)に僧・覚瑜が再興し、中国の廬山にならって廬山天台講寺と号した。応仁の乱で焼失。その後、信長の焼き討ちは免れたが、後に秀吉により現在地に移される。
 平安時代には、紫式部の曽祖父、権中納言藤原兼輔(堤中納言)の邸宅があった場所で、紫式部はこの地で育ち、ここで「源氏物語」「紫式部日記」などを執筆したと伝えられている。紫式部にちなんだ源氏の庭は砂の白と苔の緑が巧みに配され、そこに清楚な桔梗が色を添え、他に類を見ない気品のある見事な庭園となっている。
 また、京都北山に聖徳太子が建立した金山天王寺の本尊の如意輪観音菩薩と脇侍の毘沙門天像は、明治以降、この廬山寺に安置され洛陽三十三ヶ所観音霊場や京都七福神として信仰を集めている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/8/10


宮平初子(人間国宝) Miyahira Hatsuko Miyahira Hatsuko (Living National Treasure)

Jp En

 首里の織物の第一人者である宮平初子の作品には、沖縄を愛し、平和を愛する彼女の気持ちも同時に織り込まれている。
 大正一一(1922)年首里に生まれる。幼少の頃より織物に深い愛着と造詣を抱き、沖縄県女子工芸学校に進学。やがて、日本民芸館の柳宗悦館長と出会い上京する。そこで、植物染料や紋織りの指導を受ける。二年後帰郷し母校の教壇に立つが、太平洋戦争で沖縄は廃墟と化してしまい、首里織物も絶滅の危機に陥ろうとしていた。宮平初子は首里織物の再建を願い首里織物の技術者の組織化に奔走した。昭和四七年、沖縄本土復帰後は那覇伝統織物事業協同組合を作るなど首里織物の技術復興と伝承に貢献、平成一〇(1998)年「重要無形文化財保持者」となる。
 首里の織物は、約500年の歴史を誇る伝統的な染織技法である。主に貴族の衣服として着用された。その織手は、士族の妻やその娘たちであったと言われている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します