NIPPON Kichi - 日本吉

2007/1/5

京漆器 Kyoshikki Kyoshikki (Kyoto lacquerware)

Jp En


 漆を塗って仕上げられる日本伝統の器、漆器。なかでも京漆器は、高い品質と「侘び」「寂び」の美しさを持った器として、多くの収集家がいるほどだ。優雅で洗練されたデザインと堅牢さに加えて、平面や立体の作りの美しさや、繊細な仕上がりが特徴である。現在では家庭用に使われることはなく、主に茶の湯会などで用いられる高級品として知られる。
 歴史は奈良時代に遡る。唐の影響を受け、蒔絵のもとである技法が生み出された。この技法が平安遷都とともに京都に受け継がれ、発展していったのである。そして室町時代以降には、京都を中心に栄えた茶の湯の文化とともに広まり、全国漆器産業の中心として名を馳せることになったのだった。その原動力となったのは本阿弥光悦や尾形光琳など数々の優れた名匠が残した作品や技法であり、手と技が作り出す品質と高い芸術性なのである。

この記事をお気に入りに、追加します

名前
京漆器




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter