NIPPON Kichi - 日本吉

2007/12/4

姫路革細工 Himeji-kawazaiku 

Jp


 姫路革細工(ひめじかわざいく)は、兵庫県姫路市に伝わる伝統工芸品である。
 姫路白なめし革は、印伝革と並び日本古来から伝わる油なめし革の一つである。
 その昔、市中を流れる市川の水質が生野銀山からのミョウバンを含み、牛皮を鞣すのに適していたので白なめし皮の特産地になった。
 戦国時代には甲冑、馬具に重用され、江戸時代には革細工職人により凝った文庫類、武具等が製作され、隆盛を極めた。
 姫路の革細工の装飾技法の一つとして、革の表面にさまざまな絵柄を表す際に、型出しをして立体的な表現をすることが多い。
 姫路革細工は、美しい模様と白さの中に渋い艶が浮き出て、丈夫で使うほどに深い味のある色になり、見る人や使う人の心を和ませる伝統工芸品である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
670-0000 兵庫県姫路市
名前
姫路革細工




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter