NIPPON Kichi - 日本吉

記事数92件: 1~8 件表示     >>     >|  

2008/10/23


豊稔池ダム hounenike-damu 

Jp

 豊稔池(ほうねんいけ)ダムは、香川県観音寺市の、高尾山・金見山に囲まれた深い山の中に位置している。
 半月状のアーチが五連連なっているマルティプルアーチを石積式で実現しており、堤頂長は約128メートル、堤高30.4メートル。農地530ヘクタールを灌漑する農業用ため池として活用されている。
 降雨量が少ないこの地は、大干ばつが多く、井戸を沢山掘っても枯れる事が多かった。そこで大正一五年、アメリカの最新技術を習得した佐野藤次郎が指揮し、地元の農民たちの手によって、約四年かけて作られた。
 五連の壁は、中央部の水圧をを支えダムの先端を保護している。また壁面には洪水吐が設置されており、満水に近づくと自動的に放水する仕組みとなっている。
 深い山のなかにある威厳のあるたたずまいは水の古城と称され、美しい景観を形成している。また、完成直前に死去した佐野藤次郎の石碑がダムの横に設置されている。
 平成一八(2006)年に、国指定重要文化財となった。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/10/2


大慈禅寺 Daijizen-ji 

Jp

 大慈禅寺(だいじぜんじ)は、熊本市の南部に位置し、古くから九州の曹洞宗の本山として人々の篤い信仰を集めてきた古刹である。
 創建は鎌倉時代の弘安元(1278)年。曹洞宗の開祖である道元禅師の高弟寒厳(かんがん)禅師(順徳天皇の第3皇太子)により開山された。
 開祖当時より時の権力者の庇護を受け、敷地4町の寺域内には殿堂僧房が立ち並んでいたという。また、この寺は数々の寺宝を持ち、寒厳義伊文書四類と梵鐘は国の重要文化財だ。その他掛け軸や仏像、宝筐印塔などの石造物の多くが県の重要文化財に指定されている。
 境内には、種田山頭火や夏目漱石の句碑が立つ。大慈禅寺の凛としたその品格のある存在感が、歴史的文化人たちに愛されてきたのである。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/9/5


幡頭神社 Hazu-jinja 

Jp

 愛知県吉良町にある幡頭(はず)神社は、渥美湾(三河湾)に突き出た岬の丘に鎮座している。本殿は桃山時代の三間社流造りの見事な建物で、天正八(1580)年に建立し、屋根が桧皮葺で大きく反りかえった庇が大変美しい。大正一〇(1921)年に国の重要文化財に指定されている。
 祭神は尾張氏の先祖とされる建稲種命(たけいなだねのみこと)である。日本武尊(やまとたけるのみこと)の東征に従った建稲種命は帰る途中駿河沖で遭難、遺骸が宮崎海岸に漂着し、この地に葬られたと伝えられている。
 創建は大宝二(702)年で、文武天皇が社殿を建て、神宝の矛(ほこ)を納めて神体として祭られた。武将の崇敬が厚いことでも知られ、足利尊氏、今川義元らも参拝して神宝を奉納している。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/9/1


百済寺 三重塔 Kudara-ji Sanjuu-no-tou 

Jp

 奈良県北葛城郡広陵町にある百済寺(くだらじ)の創建の時期、経緯等は明らかでない。寺は三重塔と小さな本堂を残すのみである。
 塔は鎌倉時代中期に建立され、高さ22.9メートル、本瓦葺である。長い相輪を持つ。三手先(みてさき)、二層の繁垂木(しげたるき)を用い、がっしりと軒を支えている。軒先の四方には牙を出したかわいらしい鬼瓦(おにがわら)が据えてある。
 塔の内部は四天柱と来迎壁(らいごうへき)があり、須弥壇(しゅみだん)という大型の壇に、金剛界大日如来像を安置する。明治三九(1906)年に県の重要文化財に指定されている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します


<