NIPPON Kichi - 日本吉

2007/2/21

播州加西 日吉神社 Banshuu-kasai Hiyoshi-jinjya 

Jp


 古来より雨乞いの神として人々の信仰の強い「播州加西 日吉神社」。兵庫県加西市に所在する古刹である。
 創建は、約千六百年前。記録によると、福居村(現別所西)に賀茂明神と称し、大塩荘福居村、北宿村、小林村の三ヶ村の氏神であったが、室町時代の応永年間(1394〜1428年)の頃、それぞれの村ごとに分離して神社を建設。これが現在の日吉神社のはじまりだという。
 随神は猿で、神猿と言い、本殿の中に祀られている。「神猿」と書いて「まさる」と呼ぶ。「まさる」は、「魔が去る」「勝る」の意味で、魔よけ等のご利益があるという。本殿には「眼猿(みざる)」「「口猿(いわざる)」「耳猿(きかざる)」の珍しい彫刻が施されている。
 薬医門の棟の鯱(しゃち)瓦は現存する鯱瓦で最も古いもの。石鳥居は、県の重要文化財に指定されている。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
675-2425 兵庫県加西市池上町7
名前
播州加西 日吉神社
HP
http://www.pure.ne.jp/~hiyoshi/




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter