NIPPON Kichi - 日本吉

2007/4/17

大坊古墳 Daibou-kofun Daibo Kofun

Jp En


 大坊古墳は中条の谷を見渡す丘陵の斜面に築かれた、直径約14mの円墳である。加工した石材を組み合わせた横穴式石室が大変見事だ。
 横方向に開口する巨大な入り口から、中に入ることができる。石室の規模は全長11.2m、幅は1.9m。高さも1.9mある大きなもの。大型の切石状の花崗岩を壁や天井、柱に使い、左右対称を意識した築造となっている。
 出土品は確認できていないが、石室の形の特徴から、古墳時代晩期の七世紀前半頃の造立と考えられる。
 今から千四百年も前に造られたとは思えないほどの巨大で均整の取れた石室は、古代の権力者の高い美意識と誇りの証である。
 大坊古墳は、昭和五八年に県指定史跡に認定されている。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
広島県福山市神辺町
名前
大坊古墳




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter