NIPPON Kichi - 日本吉

2007/4/23

宗光寺山門 Soukoujisanmon 

Jp


 広島県三原市に、宗光寺という曹洞宗の寺がある。宗光寺は、もとは匡真寺(きょうしんじ)と言い、毛利元就が新高山城内に建立したもの。後に毛利元就の三男である小早川隆景が三原城へ移った際に、居城であった新高山城(現豊田郡本郷町)内の門を三原へ移し、「宗光寺」と称するようになったという。
 長い坂道になった参道を登ると、見上げるように威風堂々とした山門がある。脚門としては最大級の規模を持つ。蟇股(かえるまた)などの細部が、桃山時代を偲ばせる豪快で貴重な遺構となっている。昭和二八(1953)年には国の重要文化財に指定された。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
723-0017 広島県三原市港町
名前
宗光寺山門




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter