NIPPON Kichi - 日本吉

2007/4/25

清水武 Shimizu Takeshi 

Jp


 兵庫県、丹波篠山地方に伝わる伝統工芸品、丹波立杭焼の伝統工芸士。
 1931(昭和六)年、丹波立杭生まれ。現代工芸展、日展、姫路芦屋市展、関西総合美展、など多数入選。
 丹波立杭焼は平安末期に発祥したとされ、日本六古窯の一つに数えられる。元々は穴窯を用いていたが、江戸時代初期に登り窯に変わり、この地方独特のものである「蹴りろくろ」と言われる左回転のろくろが使われるようになった。
 氏は若い頃、共同の窯では思う通りに作品が作れないと、自らの手で窯を作った。氏は現在でも創作の意思にあふれ、様々な試みを続け、伝統に新たな息吹を吹き込んでいる。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
669-2135 兵庫県篠山市今田町上立杭篠尾口2-4
名前
清水武
電話
079-597-2064




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter