NIPPON Kichi - 日本吉

2007/4/27

宮城 釣石神社 Miyagi Tsuriishi-jinja 

Jp


 釣石(つりいし)神社は、宮城県石巻市北上町十三浜にある神社である。
 祭神である天児屋根命(あめのこやねのみこと)は、知恵と学業の神様である。ご神体は断崖に釣り上げられた周囲14mの巨岩「釣石」と、その下にある巨石(8m×4m)であり、陰陽神として崇拝されている。
 古くは産土沢という山上に祭られ、釣石権現、つるいし神社と呼ばれていた。
 昭和五三(1978)年の宮城沖地震にも耐え、落ちそうで落ちないことから受験の、釣の字から大漁の、陰陽神から夫婦円満・縁結び・子宝の、横から見た釣石が亀の頭に似ていることから満年長寿の、ご利益があるなどとされている。
 境内には、北上川河口に唯一残る唐船御番所跡の見張台もある。
 釣石神社は、古くから名跡として大切にされてきた社である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
986-0201宮城県石巻市北上町十三浜字相川43
名前
釣石神社
電話
0225-66-2251




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter