NIPPON Kichi - 日本吉

2007/6/8

能面 延命冠者 Noumen Enmeikaja Noh Mask Enmei Kaja

Jp En


 延命冠者(えんめいかじゃ)は翁面の系統であり、目を翁と同様に「へ」の字型にくりぬいて微笑を持たせているが、その大きな特徴である「切り顎」はない。翁よりはずっと普通の男面に近い相貌で、薄い描き髭や微笑む口、大きなエクボなどが若々しい印象を与えている。
 延命冠者の「延命」とは、延命地蔵と同じく延命の徳を備えていることを意味し、冠者とは成人男性のことであるから、延命冠者とはすなわち延命の徳を備えた青年ということである。同じ翁系である父尉(ちちのじょう)と対になる役であり、父尉の子供と考えられている。
 他の翁系の面と同様、平安・鎌倉時代の面影を残しており、長寿、子孫繁栄を祈祷する面である。父尉と同じく十二月往来の時のツレが使用し、またこの面のみ、「鷺」のシテに流用することがある。

この記事をお気に入りに、追加します

名前
能面 延命冠者




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter