NIPPON Kichi - 日本吉

2007/5/31

綾部之 Ayabe Yuki 

Jp


 1944年、京都府生まれ。京木地師。
 1966年に父に師事する形で修行を開始する。
 その巧みの技が認められ、伝統工芸士として認定されると共に、京都府の伝統産業優秀技術者としても認められている。
 数ある木工芸の中でも彼が行うのはいわゆる轆轤(ろくろ)細工と呼ばれるものである。
 轆轤に固定した素材を回転させながら掘り込み、仕上げていく。同心円状のものであれば、椀やお盆など、何でも作ることが出来る。
 回転させながら表面を削っていくため、非常に滑らかな木肌と美しい曲線がその特徴である。
 素材の違いや作りたい形を見極め、適切な回転を見出して、様々な工具を微妙な角度で当て、掘り込んでいく。
 その製作の様は、とても興味深いものである。轆轤が回るたび、次第に製作物の形が無垢の木から浮かび上がってくる。
 魔法のような技を駆使しながら最良の”木肌”を目指して、今も精力的に轆轤を回し続けている。

この記事をお気に入りに、追加します

名前
綾部之




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter