NIPPON Kichi - 日本吉

2007/6/12

白華山法光寺 Hakka-san-houkou-ji 

Jp


 白華山法光寺(はっかさんほうこうじ)は、青森県南部町法光寺にある曹洞宗の寺である。本尊は、千手觀世音大士。奥州南部三十三ヶ所の第19番札所とされる。
 名久井岳県立自然公園の麓にあり、山号は、門前にある蓮の池の白蓮華に由来する。
 建長年間(1249~56年)に鎌倉幕府の執権北条時頼により開山されたと伝わる。
 昭和二四(1949)年、三重塔としては日本一高いといわれる高さ33mの承陽塔が建立された。
 昭和三二(1957)年、老杉など幽玄の地として、県立自然公園に指定される。
 参道には日本名松百選にも選ばれている県天然記念物の千本松並木や、同じく県指定の天然記念物である樹齢1000年の爺杉が有り、植物の生命の逞しさを感じられる。
 白華山法光寺は、深い森の中に大寺の面影を残す寺院である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
039-0506 青森県南部町法光寺法光寺20
名前
白華山法光寺
電話
0178-76-2506




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter