NIPPON Kichi - 日本吉

2007/1/9

京石工芸品 Kyoishi-kougeihin Kyoto Stone Carving

Jp En


 京石工芸品は、京都の洗練された文化に磨かれた、昔ながらの伝統技法を駆使する石工品。今でも石灯篭などが日本庭園の欠かせない主役となっており、経済産業大臣指定伝統的工芸品となっている。
 仏教や茶道から深い影響を受けている京の文化を背景に、京石工芸品は育まれてきた。仏教伝来とともに大きく発展し、また京都は、比叡山麓、白川の里から良質な花崗岩が産出したため、石仏、石塔、石燈篭など優れた石工芸品が制作されたのである。桃山時代以降、茶道文化の大きな影響の下に古くからある石工芸品に「侘び」「静寂」を汲み取り、優れた遺品が珍重され、模作をもって茶庭に設置したという。
 千年もの間、文化の中心であった京都の土地柄に支えられ、京石工芸品は手作りの高い技術と鋭い美的感覚を持ち、端正で古びた味わいを今に伝えている。

この記事をお気に入りに、追加します

名前
京石工芸品




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter