NIPPON Kichi - 日本吉

2007/8/20

津花火大会 Tsu-hanabi-taikai Tsu Fireworks Display

Jp En


 伊勢湾を臨む三重県津市の阿漕浦海岸(あこぎうらかいがん)では、毎年七月の後半に「津花火大会(つはなびたいかい)」が行われる。
 江戸時代から続く歴史のある花火大会で、時代によって形を変えていき、戦後の昭和二五(1950)年に復活した際、今の様な特徴のあるものになった。
 ここは海に面している事もあり、それらを利用した打ち上げ方法の花火を見ることができる。観覧席に安全な距離まで近付いた船上から、多彩なスターマインが短時間に次々と打ち上げられ、それらは華やかなだけでなく大迫力の一言。
 そして、津の海の魅力を最大限に表現する「海上自爆花火」とは、疾走する船から次々と花火玉が海中に投げ込まれ、水面に大輪の「花」を広げていくもの。その光景は、孔雀が一斉に羽を広げた様な、極彩色の華麗な姿を目に焼きつけてくれる。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
514-0811 三重県津市阿漕浦海岸
名前
津花火大会実行委員会事務局
電話
059-229-3170




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter