NIPPON Kichi - 日本吉

2007/7/12

奥尻島 Okushiri-tou Okushiri Island

Jp En


 奥尻島(おくしりとう)は、北海道奥尻郡にある北海道最西端の離島であり、一島で奥尻町をなす道内で2番目に大きな島である。
 島名はアイヌ語で向こうの島を意味する「イクシリ」に由来する。
 島の全域が花崗岩の段丘で形成されており、その段丘を横切って河川が流れるため、滝が多い。
 対馬海流の影響で四季を通じて寒暖の差は少なく、自然美豊かで、どこからでも眺められる美しい夕日は一見の価値有り。
 また、かつて硫黄が採鉱されたため温泉が湧出している。
 島内最高峰は、標高584mの神威山で、日本海に浮かぶ海の幸の宝庫として知られる。ウニやアワビ、イカのほか、季節ごとに旬の魚介類が捕れる。
 平成五(1993)年に発生した北海道南西沖地震では深刻な被害が出たが、見事な復興を遂げた。
 奥尻島は、他にも海水浴や奇岩など見所の多い観光地である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
043-1400 北海道奥尻郡奥尻町
名前
奥尻島
電話
01397-2-3096




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter