NIPPON Kichi - 日本吉

2007/1/11

四ッ竹 Yotudake The Yotsudake Bamboo Instrument

Jp En


 四ッ竹とは、琉球舞踊「ちゃーびらさい」などを踊る時に使う、沖縄の楽器である。
 四ッ竹は、4枚の竹を2枚づつ両手に持ち、打ち鳴らす楽器である。本来竹だけで使うものだが、近年はゴムで指に止めて使う事が多い。
 四ッ竹を使った踊りは、四ッ竹踊りとも言い、女踊りには四ッ竹を取り入れた綺麗な踊りも存在する。
 この四ッ竹を使い踊る「ちゃーびらさい」とは、沖縄の言葉で「ごめんください」という意味があり、四ッ竹を打ち鳴らしながら軽快に、優雅に踊るさまは、まさに沖縄の風土的な踊りと言える。
 四ッ竹は、最近では京都の新作踊り「京炎そでふれ」でも使用されており、琉球文化が本土にも波及していく好例と言えよう。

この記事をお気に入りに、追加します

名前
四ッ竹




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter