NIPPON Kichi - 日本吉

2008/7/31

朴島 Hou-jima 

Jp


 朴島(ほうじま)は、日本三景のひとつ、松島の湾内に点在する浦戸諸島の一島だ。浦戸諸島の中では最も小さい島だが、この地では珍しいタブ林が存在するなど、豊かな自然が残る魅力的な場所である。
 春には菜の花畑が満開になり、島全体が黄色に染まる。朴島の菜の花は、純粋な松島系白菜の種を採るために栽培されている。島民は、島固有の菜と他の植物との交雑を避けるために、大変な手間をかけながら大切に育てているという。
 また、朴島には様々な伝説や歴史があり、島内各所で貴重な史跡を見ることができる。朴島という名の由来も興味深く、仙台藩の軍用金や貴重な宝物が島内に隠されており、「宝島(ほうじま)」と呼ばれていたのが朴島になったと言い伝えられている。そのほか、伝説の鳥である「鳳凰」が住んでいたという伝説も残る。
 朴島は、観光化されていない自然の神秘と歴史のロマンを感じとれる、詩情あふれる魅惑の小島である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
985-0195 宮城県塩竈市浦戸朴島
名前
朴島


keywords :


NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter