NIPPON Kichi - 日本吉

2007/7/27

天皇寺 Tennou-ji 

Jp


 天皇寺(てんのうじ)は、宮城県黒川郡大和町吉岡にある臨済宗の寺である。
 元和二(1616)年、天皇寺は、吉岡城の完成とともに鶴巣下草から現在地に移された。
 初代吉岡城主は伊達政宗の三男宗清で、三万石の城下町吉岡を開府。その養母が飯坂の局である。
 吉岡の礎を築いた宗清は35歳という若さで病死し、また養母として政宗に託された飯坂の局も24年間を大和町で宗清と共に生きた末、役目を終えたかのように宗清と同年に亡くなったという。
 境内には、伊達宗清の墓と、飯坂の局の供養塔である五輪の塔が建っている。
 墓地には大和田佐渡以下七名の殖死者や、吉岡宿本陣の千葉家本家・分家の墓も並んでいる。
 天皇寺は、伊達宗清とゆかりの深い歴史ある寺である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
981-3621 宮城県黒川郡大和町吉岡天皇寺184-20
名前
天皇寺
電話
022-345-2774




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter