NIPPON Kichi - 日本吉

2007/9/13

花町神楽 Hanamachi-kagura Hanamachi Kagura

Jp En


 花町神楽(はなまちかぐら)は、宮城県名取市飯野坂にあった鹿島神社で演じられていた芸能で、もとは、鹿島神楽と呼ばれていた。
 鹿島神社が同じ名取市の館腰神社(たてこしじんじゃ)に合祀された後は花町神楽が正式な名称となり、どこの神社にも属さない民間の神楽団体が演じている。
 花町神楽の名前の由来は、藩主である伊達の殿様が飯野坂を通った時に沿道の桃の花にしばし見とれてしまったことがあった。それ以来、飯野坂には見とれるほど美しい花が咲く、ということからこの地が花町とよばれるようになり、鹿島神楽は花町神楽と呼ばれるようになった。
 演舞のはじめに神降ろしの祝詞が唱えられ、沈黙の中で祈祷の舞が繰り広げられる厳かな神楽である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
981-1200 宮城県名取市飯野坂
名前
花町神楽




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter