NIPPON Kichi - 日本吉

2007/8/23

板山獅子 Itayama-jishi Itayama Lion Dance

Jp En


 板山獅子(いたやましし)は、半田市に伝承されている三種類の獅子舞のうちの一つである。古くから村の安全と五穀豊饒(ごこくほうじょう)を祈願すべく氏神である八幡神社の祭礼に「獅子芝居」が奉納されてきた。
 幕末に県北部より知多半島に伝えられたといわれている。かつて知多半島の各地で多く演じられていた「獅子芝居」だが、今ではその数も減り貴重な伝統芸能となっている。
 大太鼓、小太鼓、拍子木のお囃子にのって、男性が一人で派手な女物襦袢、黒紋付、紺股引に白足袋の女形(おやま)姿で女性のような立ち振る舞いで演じられるため一人立ちの嫁獅子といわれている。
 県の無形民族文化財に指定されている。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
475-0936 愛知県半田市板山町
名前
板山獅子




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter