NIPPON Kichi - 日本吉

2008/9/8

三ツ釜の滝 Mitsugama-no-taki 

Jp


 三ツ釜の滝(みつがまのたき)は、奥多摩の雄峰大岳山の北面に発し、多摩川に流れ込む海沢にかかる滝である。
 落差はおよそ20mほどの、小さな滝が五段続く連瀑で、それぞれの段毎にある滝壺を釜と称している。また、この滝の上流にはさらに「ネジレノ滝」と「大滝」があり、それらと併せて「海沢三滝」とも呼ばれている。
 滝に訪れると、すぐに三段に折れる滝が見えてくる。このため、この三段を指して三ツ釜と称するのかというとそうではなく、下からでは見えない、更に上にある二段を数えての名称となっている。
 通常の滝壺とは違い、岩盤の上を豪快に流れて穿たれた穴は、まさに釜と呼ぶにふさわしいものであり、それぞれの表情を持った釜から溢れた水は、更に複雑な飛瀑を見せながら流れ落ちていく。
 緑豊かな奥多摩の自然の中、海沢の清流は今日も五つのハーモニーを奏でているに違いない。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
198-0213 東京都西多摩郡奥多摩町海沢
名前
三ツ釜の滝


keywords :


NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter