NIPPON Kichi - 日本吉

2007/11/9

犬山 奥村邸 Inuyama Okumura-tei 

Jp


 犬山の奥村邸(いぬやまのおくむらてい)は、愛知県犬山市犬山東古券にある建築物である。国の重要文化財に指定されている。
 天保一三(1842)年の犬山大火直後に建てられたといわれる呉服商・奥村氏の屋敷で、旧中仙道に面している。
 建物の様式は土蔵造りで、邸内には織田信長が喉を潤したと伝えられる銀名水という井戸や、市指定の有形文化財である今井窯の水指、蔵を改造した郷土民族館などがあり、当時の生活様式を伺う事ができる。
 現在はフレンチ創作料理屋として営業しており、旧奥村邸を改装したハイカラな雰囲気の中にも、オリジナルの邸宅の趣を色濃く残す、しっとりとした落ち着いた空間になっている。
 犬山の奥村邸は、江戸後期の生活様式を残す建築物である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
484-0081 愛知県犬山市犬山東古券395
名前
犬山 奥村邸
電話
0568-65-2447




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter