NIPPON Kichi - 日本吉

2007/1/19

桜 Sakura Cherry Blossoms (Sakura)

Jp En


 桜は、古来、木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)の霊木として、日本人の生活や心と深く関わってきた。日本を代表する花であり、単に花と言えば、桜のことを指す。また国の花にも定められている。
 実用的な関わりとしては、福井県鳥浜貝塚遺跡の縄文時代前期の地層から出土した弓の弦をかける部分を桜の樹皮で補強した物などが発見されている。また、桜の咲き具合で作物の種をまく時期を計ったり、豊作かどうかを占ったりもした。
 しかし桜は、鑑賞としての対象として重きを置かれ、春の花見は、国民的・民族的な行事となっている。      
 さらに葉が出るより先に花が咲くことや、咲き始めると短期間で満開になり、そして散っていくことから、その美しさとはかなさは、歌を詠む対象ともなり、また日本人の美意識精神性と重ねられて論じられることも多い。

この記事をお気に入りに、追加します

名前




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter