NIPPON Kichi - 日本吉

2007/11/20

袖師焼 Sodeshi-yaki 

Jp


 袖師焼(そでしやき)は、島根県松江市袖師町に伝わる工芸品である。県の伝統工芸品に指定されている。
 明治一〇(1877)年、初代・尾野友市により松江市上乃木の皇子坂に開窯された。
 三代・尾野敏郎は、昭和の初めから柳宗悦(やなぎむねよし)の民芸運動に加わり、地元の粘土を用いた新作の民芸品として日常の暮らしの器物を作るようになった。
 出雲の伝統陶器の味わいを持ち、暮らしに役立つ強くて使いやすい中に簡素なうるおいのある陶器で、釉薬(ゆうやく)には地釉(ぢぐすり)、柿釉(かきぐすり)が多く使われているのが特徴とされる。
 食器類、酒器、茶器、花器など主として日常家庭用品を製作し、近年では、赤土粘土など、これまでと違った土を使用した作品も製作している。
 袖師焼は、出雲の土を生かした、質素で丈夫な伝統工芸品である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
690-0049 島根県松江市袖師町
名前
袖師焼




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter