NIPPON Kichi - 日本吉

2007/1/23

玉競り Tamaseseri Tamaseseri Festival

Jp En


 玉競り(たませせり)とよばれるのは、福岡県福岡市東区で行われる玉取祭の事である。
 毎年1月3日に行われる玉取祭は、文字通り宝珠と呼ばれる玉を競い合う男たちの祭りである。
 陰陽二つの木製の宝珠のうち陽玉(直径28cm、重さ8kg)に触れて頭上にかざすと家門が繁栄し幸運が授かるといわれ、総勢250人の褌姿の男たちが勢い水を浴びて宝珠を奪い合う。
 玉の由来には諸説有り、定かではないが、一説に神功皇后三韓との戦いの時、龍神の捧げた満珠千珠の玉にあやかっているとも言われている。
 いずれの説でも、1個を筥崎宮に奉納したが、夜、光を放って鳴動するなど、数々の不思議な事があるので、他の1個も筥崎宮に納められたと言うのは同じである。
 玉競りは、500年前から続く勇猛で壮観な奇祭である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
812-8655福岡県福岡市東区箱崎1-22-1
名前
筥崎宮
電話
092-641-7431




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter