NIPPON Kichi - 日本吉

2007/1/24

造山古墳 Tsukuriyama-kofun Tsukuriyama Burial Mound

Jp En


 造山古墳(つくりやまこふん)群は巨大前方後円墳、造山古墳と、その西側一帯に築かれた6基の中小規模の古墳とで構成される。岡山県下で第1位、全国でも第4位の規模(全長350メートル、後円部径200メートル、高さ24メートル、前方部幅215メートル)を誇り、国指定史跡にも指定されている。
 築造時期は5世紀後半と推定されており、墳丘規模・外表施設などの様子からみて、被葬者は5世紀前半の吉備を支配した「王」の墓と言われている。6基の中小規模の古墳は、その王に仕えた近臣たちの墓(陪塚)とされている。
 造山古墳に次ぐ近隣の作山古墳(総社市)、両宮山古墳(山陽市)などの巨大古墳の存在から、古代吉備がヤマト王権に対抗しうる強力な王権があったとする見解もある。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
岡山県岡山市新庄下
名前
造山古墳




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter