NIPPON Kichi - 日本吉

2008/8/7

山王祭り Sannou-matsuri 

Jp


 東京都千代田区永田町・日枝神社(ひえじんじゃ)は、江戸時代に江戸城の守護神として幕府の崇敬を受けた神社である。その由緒ある日枝神社の神幸祭が山王祭(さんのうまつり)である。
 この祭りは「天下祭り」と呼ばれ、山車が江戸城に入ることが許されていた。徳川家光をはじめ、歴代の将軍も上覧した「天下祭り」を山王祭は受け継ぎ、江戸三大祭のひとつに数えられているが、さらに京都・祇園祭、大阪・天満まつりとともに、日本三大祭りのひとつにもなっている。
 祭りは一年ごとの子、寅、辰、午、申、戌年の六月一五日に行われる。最盛期には六〇台以上もの神輿や山車が繰り出され、大行列となって飾りの豪華さを競い合ったという。
 現在も、最盛期には及ばずとも華麗な格式ある神輿や山車が町中を練り歩き、江戸っ子の祭りとして大変な賑わいを見せる。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
100-0014 東京都千代田区永田町2-10-5
名前
日枝神社
電話
03-3581-2471
HP
http://www.hiejinja.net/index.html




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter