NIPPON Kichi - 日本吉

2008/7/15

栃木 巴波なまず Tochigi Uzuma-namazu 

Jp


 栃木の巴波なまず(うづまなまず)は、栃木県栃木市に伝わる郷土玩具である。
 巴波川(うずまがわ)は、栃木県を西から南へと流れ、渡良瀬川へと合流する一級河川である。
 江戸時代、栃木地方が大日照りで川の水が涸れた際、水たまりで苦しんでいた1尾の鯰を農夫が発見して巴波川に放してやった。するとにわかに雨が降り出して、田畑がうるおった。
 数年後、大雨が続いて巴波川が氾濫した時、その農夫の子が巴波川に落ちて溺れかけたが、無数の鯰が現れて子供を救助したという。
 巴波なまずは、この報恩伝説を元に300年も前に作られた。
 しゃもじ状の木の板を使い、素朴で味がある。また、口をぱくぱくさせる所が大変ユーモラスに見える。
 巴波なまずは、郷土に残る伝説を元にした伝統民芸品である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
328-0000 栃木県栃木市
名前
巴波なまず




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter