NIPPON Kichi - 日本吉

2008/7/31

手甲 Tekkou 

Jp


 手甲(てっこう)とは、手首に装着して手首を保護する道具である。
 元々は武士が刀から手首を守るための護身用の防具であったが、旅人や飛脚なども利用した。
 武具としてのものは革製が多く、旅や労働のためのものは藍染の木綿が用いられる事が多かった。現在でも農作業やガーデニングの際に使われれている。
 伝統的な装束に欠かせないものとして、武者行列や祭りの太鼓、時代劇やお芝居などにも活躍している。
 また、仏衣の死装束で用いられるものでもあるが、現代では、故人が生前愛用していた私服やパジャマなどを着させることが多くなってきており、死装束としてはあまり用いられなくなっている。
 今では様々な材質でつくられており、マジックテープで止めることができるものや、実用以外に手元を飾るアクセサリーとして使用されたりもしている。

この記事をお気に入りに、追加します

名前
手甲




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter