NIPPON Kichi - 日本吉

2006/11/20

反物 Tanmono Tanmono

Jp En


 反物には大きく二つの意味がある。
 一つは和服のための織物を総じて反物と呼ぶ。もう一つは、大人の和服の一着分が一反であり、一反に仕上げられている布地のこと。
 通常、反物は板に巻き、それを一本とする。半径1・5センチくらいの棒に巻いたり、折り畳んでボール紙に包んだりする。小千谷縮は、芯なしでまくが、これは特別な例である。
 かつては、着尺地では、鯨尺九寸五分(約36センチ)、長さ二丈六尺あるいは二丈八尺であったが、現代はメートル法に規定され、一般的に一反は、絹織物の場合は長さ約11・4メートル、幅は約36センチくらいとなる。

この記事をお気に入りに、追加します

名前
反物




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter