NIPPON Kichi - 日本吉

2007/1/31

お辞儀 Ojigi Bowing

Jp En


 お辞儀とは相手への挨拶、礼儀、敬意を表す行為である。
 自分の首を相手の前に差し出すことで、敵意のなさを表したことが始まりとされる。奈良時代以降中国から伝わった礼法を参考に、身分毎のお辞儀ができた。
 お辞儀は「最敬礼」「敬礼」「会釈」の三種類があり、上体の傾け方、時間などが異なり、相手の身分、敬意の度合いにより使い分ける。
 日本、東アジアで主に行なわれるが、西洋社会でも女性同士の礼儀として使われる。
 親しさを表す握手に対して、相手に対しての敬意を示すための礼儀作法である。
 徳川幕府公式礼法である小笠原流では九種類のお辞儀があり、礼法の重要性を示している。

この記事をお気に入りに、追加します

名前
お辞儀




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter