NIPPON Kichi - 日本吉

2007/3/16

大梅山 興禅寺 Taibai-san kouzen-ji Taibai-san Kozenji Temple

Jp En


 興禅寺は、徳川三代将軍家光の乳母、春日局(幼名お福)が生まれた屋敷の跡。
 春日局は、美濃に守護代を代々務めた名門、斉藤家の生まれ。戦国時代、興禅寺一帯は、後背の山城黒井城の下館だったが、天正七(1579)年、明智光秀の丹波攻めで落城。その後、統括のためにここに入った光秀の重臣藤の内蔵助利三が春日局の父である。この年の暮れ春日局(幼名お福)が生まれた。
 山崎の合戦で父は捕らえられ、処刑されたがお福は女であることから追われることなく、興禅寺で養育された。公家の素養である書道、歌道、香道などの教養を徹底的に仕込まれた。これが後に、乳母として活躍する基礎となったと言われる。
 寺の境内には、お福が遊んだとされる「腰掛け岩」や「産婆井戸」があり、幼い日の春日局を偲ぶことができる。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
669-4141 兵庫県丹波市春日町黒井 2263
名前
大梅山 興禅寺




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter