NIPPON Kichi - 日本吉

2007/4/20

六義園 Rikugien Rikugi-en Garden

Jp En


 六義園(りくぎえん)は、東京都文京区本駒込にある都立公園である。
 江戸時代の初め元禄八(1695)年、幕府側用人、柳沢吉保が、五代将軍・徳川綱吉より与えられた駒込の地に、自ら設計、指揮し、7年の歳月をかけて回遊式築山泉水庭園を造り上げたことにはじまる。
 その繊細で温和な庭園はプロデューサーである吉保の文学的造詣の深さを反映し、造園当時から小石川後楽園とともに江戸の二大庭園に数えられた。
 明治期に実業家、岩崎弥太郎が購入、昭和一三(1938)年に東京市に寄贈され、一般に公開されるようになった。
 海抜35mの藤代峠からは園内を一望でき、他に、つつじ茶屋・ささかにの道・渡月橋・滝見の茶屋・蓬莱島・出汐の湊・妹山・背山など、数多くの見所がある。春には、枝垂桜の優美な姿を愛でることができる。
 六義園は、まさに都会に浮かぶ桃源郷であるといえよう。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
113-0021東京都文京区本駒込6-16-3
名前
六義園
電話
03-3941-2222




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter