NIPPON Kichi - 日本吉

2007/7/10

マクンベツ湿原 Makunbetsu-shitsugen Makunbetsu Wetland

Jp En


 マクンベツ湿原は、北海道石狩市を流れる石狩川下流域に発達した湿地帯だ。広さは40ヘクタール。アイヌ語で「山際を流れる川」という意味を持っている。
 北海道一のミズバショウの群生地として知られており、四月下旬から五月上旬にかけてのシーズンは、湿原に生い茂るハンノキの木立の下に、その白く可憐な姿を見せてくれる。
 湿原には遊歩道も整備されており、シギやアオジ、ベニマシコなどの野鳥のさえずりを聞きながら、咲き誇る白い花を間近に観察することが出来る。
 また、石狩川下流域であり、河口に近いこともあってアクセスもよいため、身近に大自然を感じることが出来る貴重な場所として親しまれている。
 白い花が一面に咲き誇る湿原に目を落としながら、遠くに聞こえる野鳥たちの歌声をBGMに春の柔らかい日差しの中、遊歩道をゆっくりと歩く。
 本来の自然のリズムが、そこには流れている。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
061-3378 北海道石狩市船場町
名前
マクンベツ湿原




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter