NIPPON Kichi - 日本吉

2007/12/11

菅生の組立舞台 Sugao-no-kumitate-butai 

Jp


 組立舞台とは、固定式の建造物と違って、必要な期間だけ任意の場所に組み立てて使われる、芝居小屋である。
 菅生の組立舞台(すがおのくみぶたい)は、大正時代に作られたとされており、正勝神社(まさかつじんじゃ)祭礼の際に組み立てられる。檜や杉などの丸太や荒縄が、昔のままの形式で使われているという。一時的な組み立て舞台とは思えない、非常に堂々とした立派な舞台である。
 都の有形民俗文化財に指定されており、間口が約一三mと九mの二組が地域住民の努力によってに保存されている。使用する時も住民総出で、荒縄一つで丸太を組み立てる様は圧巻だという。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
197-0801 東京都あきる野市菅生
名前
正勝神社




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter