NIPPON Kichi - 日本吉

2008/2/25

平良敏子(人間国宝) TairaToshiko 

Jp


 たいら・としこ。大正一〇(1921)年二月一四日、沖縄県大宜味村生まれ。幼時より村の伝統的な織物「芭蕉布(ばしょうふ)」に親しみ、昭和二二(1947)年から地元の喜如嘉(きじょか)で織り始める。昭和三八(1963)年、芭蕉布織物工房を設立。昭和五五(1980)年に黄綬褒章を、平成四(1992)年には勲五等宝冠賞を受賞し、そして平成一二(2000)年、ついに重要無形文化財「芭蕉布」保持者(人間国宝)に認定された。
 芭蕉布は完成までの工程が長く、大変な手間と根気を要する。原料となる糸芭蕉を栽培し、繊維を取り、糸を績み、染め、一反の布に織り上げる。勘と熟練の技が必要になるため、単調な作業を何年も繰り返し経験しないと一人前になれない。しかし、苦労の末に完成した布は軽くしなやかで、ため息が出るほどに美しい。
 父親から「芭蕉布をやるならその第一人者になれ」と言われて育った彼女は、芭蕉布の伝統を守りながらも、より斬新で創造的な作品を生み出してきた。そして今も、新たな可能性を模索し続けている。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
905-1303 沖縄県国頭郡大宜味村字喜如嘉454
名前
大宜味村立芭蕉布会館
電話
0980-44-3033




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter