NIPPON Kichi - 日本吉

2008/3/11

東大寺 二月堂 Toudaiji Nigatsudou Todai-ji Temple Nigatsu-do

Jp En


 東大寺二月堂(とうだいじにがつどう)は、奈良県奈良市の東大寺境内にあり、同寺法華堂のすぐ北に位置するお堂である。
 その歴史的価値の高さから平成一七(2005)年には国宝に指定されている。
 正式には、東大寺「観音堂」と称し、毎年の旧暦二月に修二会(しゅにえ)という法要が行われることから二月堂の名がついた。
 建立は天平勝宝四(752)年で、修二会も同じ年から始まって、以来、一度も途絶えることなく続けられている。
 寛文七(1667)年に修二会の一行事である「お松明」の火により焼失するも二年後に再建され、現在に至っている。
 本尊は大観音(おおがんのん)と小観音(こがんのん)の二体の十一面観音像で、どちらも何人も見ることを許されない絶対秘仏となっている。
 お堂が放つ、そのどっしりとした落ち着きある佇まいは、同時に千二百有余年の歴史の重みも、見るものに感じさせてくれる。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
630-8211 奈良県奈良市雑司町406-1
名前
東大寺 二月堂




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter