NIPPON Kichi - 日本吉

2007/12/4

なにわ刷毛 Naniwa-bake 

Jp


 なにわ刷毛(なにわばけ)は、大阪府大阪市に伝わる工芸品である。府の伝統工芸品に指定されている。
 起源は奈良時代に遡り、寺院建立の際の仏像、仏具、調度品等の漆塗りに刷毛が用いられたと言われている。
 商品としては江戸時代に製造が始まったとされ、材料・製造技法ともに日本独特のもので、その品質の高さには定評がある。
 刷毛は、鹿毛、狸毛、馬毛、山羊毛等の原毛を用いる他、漆塗り用の刷毛には人毛が用いられ、選別、抜分、毛組、混毛、灰もみ、毛揃、上毛巻き等、数多くの工程を経て作られる。
 この伝統技法は日本独自のものであり、刷毛の用途に応じて原毛の性質、特徴が生かされている。
 なにわ刷毛は、今でも重宝されている歴史ある工芸品である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
535-0000 大阪府大阪市
名前
なにわ刷毛




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter