NIPPON Kichi - 日本吉

2007/1/26

白地楽 Sirajigaku Shirajigaku

Jp En


 白地楽(しらじがく)は、大分県山国町中摩にある亀岡八幡社にて行われる神事である。町指定の無形民俗文化財。
 亀岡八幡社にて開催される中摩仲秋祭では、神楽のほか、民衆の繁栄と五穀豊穣を祈願して白地楽が奉納される。
 白地楽はカッパを封じ込む踊りで、元文二(1737)年が起源といわれている。囃子の音色に合わせ、カッパを示す赤装束の「中むらし」を取り囲むように、4名の「大団扇持ち」が唐獅子、牡丹、龍などが描かれている大きな団扇をかざしながら力強く舞うのが特徴である。平家の落人伝説が元になっているという。
 9月のお祭り当日には、一般参拝者のほか、カメラを持った大勢の見物人たちが集まる。
 白地楽は、今でも地元の人々に親しまれている伝統の祭である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
871-0795大分県中津市山国町守実130番地
名前
中津市役所
電話
0979-62-3111




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter